横浜のAGAクリニックでプロペシアの処方を受けよう

薄毛には男性ホルモンが大きく関与している

薄毛の原因の多くは男性ホルモンが関与していると言われており、AGAが原因であると考えられています。
特に若い世代のうちから薄毛になっている人や、頭頂部や生え際から薄くなっているときにはAGAによる薄毛と考えて良いでしょう。
自分の薄毛がAGAによって引き起こされていると感じるときには、横浜にあるAGAクリニックを受診することで専門的な治療を受けることができます。
薄毛を専門的に診断しているクリニックに通うことによって、最新の医療機器を使った検査が可能になるので薄毛の原因を特定しやすくなります。
横浜のAGAクリニックで受けられる主な治療法は、AGA治療薬であるプロペシアの処方による方法となります。
プロペシアは内服タイプのAGA治療薬で、1日1錠の服用を半年ほどの期間にわたって継続的に行うことで薄毛を改善していきます。
有効成分であるフィナステリドには、薄毛を引き起こす要因となっているDHTを生成する5αリダクターゼの働きを弱めることができます。
5αリダクターゼは元々男性の体内にある還元酵素で、これと男性ホルモンが結合することによって薄毛の要因となるDHTが生成されます。
DHTの量を減らすためにはフィナステリドが有効な成分となっており、プロペシアを飲むことで薄毛を減らすことが可能です。
プロペシアは抜け毛を減らすための薬と言えますので、同時に発毛作用を引き上げるためにはミノキシジルを併用することが重要です。
ミノキシジルは塗布タイプのAGA治療薬で、ドラッグストアや薬局などでもミノキシジル成分が配合されている育毛剤が市販されています。

薄毛には男性ホルモンが大きく関与している | 市販品は効力が薄い(髪も薄い!笑)